前へ
次へ

女性目線の医療のサービスを必要とする

託児所の充実、女性医師や看護師などの医療従事者にとっては、必要とする条件です。
同じく、レディースクリニックや小児科を探す母親も、キッズルームがあり、女医がいることを条件にします。
医療の本音には、働く環境が整っていない声がまだまだ多く聞かれています。
だからこそ、病院にシッターや保育士、セラピストなどが派遣されています。
従事するからには、精神的・肉体的にもハードワークです。
子供をシッターに預けたい女医や看護師、しかし信頼できるシッターでなければ、子供が嫌がります。
だからこそ、育児のベテランであり、業界を知る医師や看護スタッフが転職し、サポートすることもあるようです。
せっかくの医師免許が勿体無い、こうした声も耳にします。
二足のわらじ、こうした働き方をのんでくれる、理解力のある病院も若干増えています。
女医本人の努力は当たり前ですが、しかし長い目で見て欲しい声も耳にします。
子供を産むのも女性、少子化問題は医療機関でも問題視されています。
それはやはり経営難に陥るからでしょう。
臨機応変に対応する環境が必要、子供が増えれば、産科や小児科もうるおい、強いては女医の子育て経験が評判になり、患者数も増えるはずです。
今、女性の社会進出は当たり前、だからこそ、医療機関は女性目線のサービスに路線変更すべき、そうした意見交換も行われています。

Page Top